施工は、優れた技術史と、独自の機械によってのみ可能です。
建物には建築上避けられない空間(配線・配管のまわりなど)ができますが、それらの小さな隙間にも断熱材を入れないと、その断熱材が持つ本来の性能を100%発揮することはできません。アップルゲート セルロース断熱は、セルロース断熱材を霧状の水の中を通過させ、風圧をかけて壁に吹付けるウォール・スプレー®という工法を採用。小さな隙間や手の届かない小さな空間も埋めることができます。吹込み工法と違い、吹付け面および両側の間柱で固定されるため、セルロース断熱材が自重でずり落ちる心配がありません。1980年代にアメリカで開発され、技術・機械ともに向上した現在では、最も信頼性の高い理想の壁断熱工法と言うことができます。


アップルゲート ジャパン認定断熱施工技術士

zu_sikakuいかに優れたセルロース断熱材でも、その施工がしっかりしていなければ断熱効果は発揮されません。米国アップルゲート・インシュレーション社およびアップルゲート ジャパンは、施工訓練を受け、断熱に関する知識を習得した技術士にのみ施工を許可し、施工品質を確実にしています。

セルロース断熱吹付け機械システム

zu_macnアップルゲート ジャパンでは、日本の住宅建築現場の環境や事情に合わせ、日本独自のセルロース断熱吹付け機械システムを開発。軽量小型の可動式で、現場の仮設電源を用いるため、どのような現場にも対応します。また、発電機を使う必要がないので、騒音や排気ガスの心配もありません。

ウォールスプレー施工方法

zu_seko_01  1.断熱施工前。配管や配線のまわりなど、大小さまざまな隙間が存在します。



zu_seko_02 2.ウォール・スプレー®で壁腔を完全に埋めます。



zu_seko_03 3.要なセルロース断熱材を削ぎ落とします。削ぎ落とされた断熱材は再度機械に入れ、全部使い切ります。



zu_seko_04 4.断熱施工後。セルロース断熱材が壁に密着し、壁腔が完全に塞がれ、断熱層がしっかりと作られています。

天井の断熱施工方法

zu_ten01
屋根裏断熱
ほんの少し湿り気を帯びた断熱材を約200mmの厚みで吹付けます。ウォール・スプレー®と同様にセルロースがしっかりと絡み合い、接着剤が作用して、自重による沈みこみが少なく断熱層を保ちます。


zu_ten02
勾配天井断熱
室内側にシートを張り、断熱材を充填します。

床の断熱施工方法

通常、床下にシートを張り、断熱材を充填します。2階の床も断熱すると、断熱効果と吸音効果がさらに高まります。